呉羽之介、女歌舞伎宇喜川お春と初恋する事

「呉羽之介どのは、世の中の誰れもが心でひそかに願うことを口に出したまでじゃ」 呉羽之介はもはや我れを忘れて、絵すがたの面《おもて》を刺すように鋭どい瞳でみつめつつ、狂うがごとく、憑《つ》かれたごとく、何やら口の中で口走しっていましたが、やがてその場にうつぶして、低くはげしく咽《むせ》び泣きをしはじ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:37 pm  

推移の悲哀

「そなたは推移の悲哀があろうと、生々と暫《しば》しの間の若さと美くしさとを十分にたのしむことが出来るのじゃもの、何で死物が羨ましかろう。そなたの美くしさと若さとで、出来るかぎり此の世のよろこびを吸い貪《むさ》ぼるなら、短かいいのちも歎かでよい。世の常の人々は、みにくい姿に生れたために若さが却《かえ》...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:36 pm  

老いた下郎を眺めた時

 主人の命をかしこんでふたたびかなたに帰ってゆく老いた下郎を眺めた時、呉羽之介のあでやかな面上に、颯《さっ》と悲哀のいろがうかびました。 ――そうだ、此の美くしさも永劫ではない―― 呉羽之介は先程の片里の言葉を思い出した。 げに、一刻千金|春宵《しゅんしょう》のながめよりも儚《はか》なき青春よ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:35 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0109 sec.

http://homes4simivalley.com/