当時名高いあなたのお筆

「今、そなたを前に置き、にすがたに比べながら、ほんの一筆入れればよいのじゃ」 呉羽之介はあどけなく、「それならすぐにお仕事に、おかかりなされまし、当時名高いあなたのお筆に、私の絵すがたが描かれると聴き、宿の母もしきりに楽しんで待っております。出来上ったら一刻も早く、見せてやりとう存じますれば――...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:29 pm  

稀代の美男子

「わしにはどうも此の世の中に、こんなにあでやかな美少年が、生きていようとは思われぬ。若しこの者が、お身の言うように稀代の美男子なら、ぜひどうにもして、わしも近づきになりたいものだ」 と、言う折しも、中庭の、柴折戸《しおりど》があいて、だれかが飛び石づたいにはいって来ました。 その気配に、露月はそ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:28 pm  

すっかり生きている

「ほんに、すっかり生きている――絵空ごとと世に言って、不可能《あらぬ》ものを、作り出すことにたとえるが、若《も》しこのように美くしい、真《ほん》ものの人間が、たった一人でも此の世にいたなら――」 と、言う片里の言葉を、引取るように露月が言いました。「ところが、それがいるのだ。天地の生み出すすぐれ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0108 sec.

http://homes4simivalley.com/