老いた下郎を眺めた時

 主人の命をかしこんでふたたびかなたに帰ってゆく老いた下郎を眺めた時、呉羽之介のあでやかな面上に、颯《さっ》と悲哀のいろがうかびました。 ――そうだ、此の美くしさも永劫ではない―― 呉羽之介は先程の片里の言葉を思い出した。 げに、一刻千金|春宵《しゅんしょう》のながめよりも儚《はか》なき青春よ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:35 pm  

この絵すがたより美しい男《もの》

「そなたはこの絵すがたより美しい男《もの》と、どこぞでお逢いなされたか? 決してお逢いになったことはあるまい。絵すがたに写してさえ、命のない絹の上に画がかれてさえ、これ程の美くしさだ。そなたの美くしさにはいのちが宿り光りが輝やいている。な、先程わしが、そなたほどの仕合者はこの世にないと言うたのが、嘘...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:34 pm  

自分の美貌に気がついて

 呉羽之介は今更ながら、自分の美貌に気がついて、吐息と一緒に心の奥で呟《つぶ》やいたのであります。 ほんに呉羽之介自身にしても、これまでにこの絵姿のように美くしい男を見たこともなければ、これよりあでやかな婦女を巷《ちまた》に見たこともないのでした。女にしても見まほしい――此の形容の詞《ことば》はも...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:33 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0125 sec.

http://homes4simivalley.com/